[シミ化粧品/副作用]安全に使うためのポイント

美白化粧品の副作用

 

スキンケアの化粧品を使った時に「肌がピリピリする」「肌荒れを起こした」という経験がある人もいるでしょう。

特にシミを予防する美白化粧品は、特別な成分も入っていることも多いので、人によっては肌に合わないという場合もあります。

できるだけ安全に肌トラブルなく使用するためには、上記のポイントに注意しておけば大丈夫です。以下で詳しく解説します。

[シミ化粧品/副作用]ポイント1.ハイドロキノンの有無でシミ対策

漂白作用が認められて、アメリカで古くからシミ対策に用いられていた成分がハイドロキノンです。日本でも2001年から化粧品に配合できるようになりました。

しかし、ハイドロキノンは刺激性も確認されている成分で、日本では高濃度のハイドロキノンになると、医師の処方が必要になるほどです。

もちろん市販の美白化粧品に入っているハイドロキノンはかなり低濃度ですが、肌に合わないという人もたまにいるので注意が必要です。

使ってみたい美白化粧品にハイドロキノンが配合されているかどうかをまずチェックしましょう。今まで刺激がなかったのであれば、使用してもいいですが、肌に合わなかった場合は避けたほうが良いでしょう。

ちなみにハイドロキノンは厚生労働省の認定した「有効成分」ではありません。

ハイドロキノン不使用の美白化粧品はこちら

[シミ化粧品/副作用]ポイント2.添加物を見極めてシミ予防

化粧品には原料を混ぜたり、テクスチャの質感を作ったり、品質の安定化を目的に「添加物」を使用しています。

「添加物=悪」というイメージがありますが、添加物はたいていの場合、化粧品を安全に使用できるようにするために使われています。

防腐剤は化粧品が劣化するのを防ぎますし、界面活性剤は化粧品が分離したりしないように、品質を安定してくれています。

ただ、化粧品の効果に直接関係のない香料や、清涼感を出すためだけに使われるアルコール類などは、人によっては刺激になることがあります。

「添加物だから悪い」ということではないので、正しい知識を身に着けて、安全な美白化粧品を見分ける力を養いましょう。

[シミ化粧品/副作用]ポイント3.シミが消える等の広告に騙されない

スマホなどでネットニュースを見ていると、「シミが消える」「シミが剥がれる」といった広告で、美白化粧品が紹介されていることがあります。

しかし、薬機法では「シミがまるで治療したかのように無くなる」ような表現は禁止されています。

※認められない表現の範囲
肌本来の色そのものが変化する旨の表現は認められない。
できてしまったしみ、そばかすをなくす(治療的)表現は認められない。
承認効能以外のしみ、色素沈着等に係わる表現は認められない。
その他、効能効果の保証、最大級的な表現等の医薬品等適正広告基準に抵触する表現 -引用:薬事法ドットコム

上記のように有効成分が入っている薬用美白化粧品でさえ、かなり厳しく広告表現が規制されています。

薬機法を守らずに、広告を出している化粧品メーカーは、その時点で「誠実ではない」ので、きちんと法令を遵守するメーカーの化粧品を選ぶのが基本です。

[シミ化粧品/副作用]ハイドロキノンの刺激に気を付ける

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニンの生成を抑える作用があり、アメリカでは「肌の漂白剤」などと呼ばれて、医薬品として広く利用されいます。

日本では厚生労働省が、市販の化粧品でも2%までの濃度であれば、配合することを認めています。それ以上の濃度で使用する場合は医師の処方が必要になります。

ただ、ハイドロキノンは人によっては刺激性のある成分なので、使用には注意すべき点がいくつかあります。

ハイドロキノンの副作用「炎症」

ハイドロキノンはかなり強い成分なので、人によっては肌に合わない場合があります。

体質的に合わない人が、ハイドロキノンの使用を続けてしまうと、赤みやかぶれなどの炎症や肌トラブルを引き起こす可能性もあるので注意して下さい。

だから、初めてハイドロキノン配合の美白化粧品を使用する場合には、腕など目立たない場所でパッチテストをするのがおすすめです。

パッチテストをして48時間以上肌に何も起こらなければ、化粧品を使用しても問題ないでしょう。ただし、体調などによっても使用感は変わることがあるので、しばらくは注視して使用するようにすると良いでしょう。

ハイドロキノンの副作用「白斑のリスク」

ハイドロキノンは強力な漂白作用から、メラノサイトのメラニン生成を抑えすぎてしまい「白斑」を引き起こす可能性があると指摘されています。

しかし、実際にハイドロキノンそのものが白斑を生じさせたという報告は今までありません。

なぜこのように指摘されてるかというと、ハイドロキノンと同じ構造を持つハイドロキノンベンジルエーテルという成分が過去に白斑を起こしたためです。

ですから、ハイドロキノン自体にそれほど警戒する必要はありません。さらに日本では、市販の美白化粧品への配合量は2%以内と低濃度に抑えられているため、基本的には肌には安全だと言えます。

一応上記のような可能性もあるということを理解したうえで、正しい使い方で使用しましょう。

ハイドロキノン使用時の注意

ハイドロキノンは成分の刺激性に注意する必要もありますが、使用している間にも注意点があります。

ハイドロキノンを肌に塗布すると、メラニンの生成を抑えてシミを予防してくれます。

しかし、メラニン自体は紫外線から肌を守るバリアの役割をしているので、メラニンの生成が抑えられた状態で紫外線を受けてしまうと肌へのダメージが深刻になることがあります。

その結果、逆にシミが増えてしまうということにもなりかねないので、ハイドロキノンを塗った後は外出を控えるか、日焼け止めクリームなどをしっかり塗って、肌を紫外線から守りましょう。

また、ハイドロキノンは酸化すると性質が変化してしまう特徴があります。ハイドロキノンが変質してしまうと、メラニンの生成を抑えるはたらきが低下するだけでなく、肌に塗ると肌トラブルを起こす恐れもあります。

ハイドロキノン配合の化粧品は密封状態で保管し、一度開封したら1~2ヵ月以内に使い切るようにしましょう。

しばらく使用せず余ってしまったものは捨てて、新しいものを購入するようにするのが良いでしょう。

[シミ化粧品/副作用]無添加でも安全とはかぎらない

どんな化粧品を選ぶときでも、肌トラブルが起きない安全性の高い商品を選びたいと思うのは当然です。

化粧品を選ぶ基準として「無添加」という指標がありますが、実は「無添加=安全」ではないんです。

無添加の定義は「厚生労働省が指定したリスクのある成分である添加物を含まない」という意味です。

しかし、それはパラベンという添加物ひとつを含まないだけで「無添加」と言うこともできるのです。つまり、パラベンは無添加だとしても、他の添加物は入っている可能性があるということです。

だから化粧品のパンフレットなどには「5つの無添加」とか「8つの無添加」といった表現があるのです。

関連記事:シミ化粧品の口コミランキング

[シミ化粧品/副作用]添加物の種類

シミ対策の美白化粧品などに使用される添加物は、大きく分けると9つに分類できます。

その種類を知っておけば、今後スキンケア化粧品を選ぶ際に役にも立ちます。

ただ、添加物は絶対に肌に悪いというものではありません。化粧品の品質を劣化させないようにしたり、機能を安定させたりと、むしろ安全性を高めていることのほうが多いです。

敏感肌など「人によっては刺激になる可能性がある」程度なので、過敏に反応することはないでしょう。

参考:医薬部外品の添加物リスト|厚生労働省

シミ化粧品添加物1.アルコール(エタノール)

化粧品には「アルコールフリー」などと書かれていることがありますが、アルコールはエチルアルコールのことで、成分表記には「エタノール」と記載されています。

エタノールは主に防腐剤の役割や、オイル成分と水分を混ざりやすくする触媒の役割、単純に清涼感を出す役割などの目的で配合されます。

エタノールは揮発性が高く、肌表面に塗布した場合、肌の上の水分や油分を一緒に蒸発させてしまうことがあり、乾燥肌にゆらぐリスクがあります。

ちなみに、似たような名前で「フェノキシエタノール」や「ステアリルアルコール」のように、成分名にアルコールやエタノールとついているものもありますが、これらは分子構造的にアルコールとは別物になります。

シミ化粧品添加物2.防腐剤

防腐剤は化粧品が劣化しないように配合されているものです。

化粧品には雑菌のエサとなる栄養素や水分が含まれていて、殺菌や抗菌作用のある防腐剤を入れておかないと、化粧品が劣化していきます。

しかし、殺菌や抗菌作用は、言い換えれば菌を殺す力があるということなので、人間の皮膚にも刺激を与える可能性があるわけです。

防腐剤は厚生労働省の化粧品基準によって、上限濃度が定められています。

防腐剤成分 濃度上限
パラベン類 1.00%
フェノキシエタノール 1.00%
安息香酸 0.20%
サリチル酸 0.20%
イソプロピルメチルフェノール 0.10%
ヒノキチオール 0.10%
メチルイソチアゾリノン 0.01%

出典:化粧品基準|厚生労働省より抜粋

パラベン

パラベンは正式にはパラオキシ安息香酸エステルという名称で、化粧品の防腐剤としては一般的です。

「パラベン不使用」などと化粧品に表記されていることも多く、悪いイメージがついている防腐剤のひとつです。

しかし、化粧品基準では上記にあるように防腐剤の中でも最大濃度1%の使用が認められている成分なので、他の防腐剤と比較しても使用できる濃度が高いということは、実は安全性が高いことを意味しています。

ただ、パラベンは肌荒れや裂傷など、肌の状態が良くない時に使用すると、それが悪化することがあります(パラベンパラドックス)。

健康な肌には安全ですが、アトピーやニキビ、肌荒れがある人は避けたい成分です。

フェノキシエタノール

パラベンに悪いイメージがついてしまっているので、化粧品メーカーはパラベンを使わなくなり、最近はフェノキシエタノールがよく使用されています。

フェノキシエタノールもパラベン同様、最大濃度1%まで配合できる安全性の高い防腐剤です。

また、パラベンパラドックスのようなリスクもないので、パラベンより安全性は高いと言えます。

シミ化粧品添加物3.香料

香料とは、化学的な方法で抽出・生成して作られた香りの成分です。人工的に作られたものを合成香料(人工香料)、天然植物などから抽出したものを天然香料と分類しています。

香料は複数の有機化合物の集合体ですが、これらの有機化合物に対する消費者の健康と環境は、科学(リスク評価)を担う香粧品香料原料安全性研究所(※1)と、管理(リスク管理)を担う国際香粧品香料協会(※2)の両翼により、国際的に守られています。

※1 RIFM:Research Institute for Fragrance Materials
※2 IFRA:International Fragrance Association

引用:日本化粧品工業連合会より

香料はいろんな香りの物質を混ぜてつくるので、その組み合わせでできた種類は4000以上あるとされています。しかし、その細かい成分は成分表示には記載されず、「香料」とひとまとめに表記されます。

香料の中には安全性を確認されたものもありますが、どんどん生まれる数千種類もの香料の安全性を十分に確認できているとは言えません。

香料は主に清涼感や香りによるリラックス効果のために使われているもので、保湿や美肌、美白ケアができるものではありません。

そういう意味では「香料不使用」のものが化粧品としては安全だと言えます。

シミ化粧品添加物4.合成着色料

化粧品に配合されている着色料は、テクスチャの色味を調整するだけの目的で、肌への良い効果はありません。

ファンデーションやリップなど、色に意味がある化粧品にとって着色料は重要ですが、基礎化粧品などには意味はありません。

だから美白化粧品などでは、人体に影響がない天然の着色料で色を整えるていどに配合されるだけで、安全に配慮されているものが多いです。

メイクに使う化粧品などでは、アレルギー反応を起こす可能性のある染料や顔料が使用されているので、美白化粧品を使用する前にはクレンジングや洗顔でしっかり落とすことが大切です。

参考:医薬品等に使用できるタール色素を定める省令|厚生労働省

シミ化粧品添加物5.界面活性剤

シミ予防の化粧品シリーズでは、洗顔やクレンジング商品もあります。クレンジングや洗顔には、メイクや汚れを落としやすくするために、界面活性剤が使用されています。

とくに石油系界面活性剤は脱脂力が強く、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうこともあり、乾燥肌を引き起こしやすくなります。

また、石油系界面活性剤は刺激性が認められるものもあり、厚生労働省の表示指定成分になっていたものもあります。

最近のスキンケアコスメでは、石油系界面活性剤はほとんど使用されなくなって、安全性の高い天然界面活性剤や、アミノ酸系界面活性剤が使用されることが多くなっています。

美容液や乳液などで使われる場合は、油分と水分など普通は混ざらない原料を混ぜ合わせるために使用されています。

シミ化粧品添加物6.紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を含む太陽光線を吸収して、熱エネルギーなどに変換する添加物です。同じようなもので、紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤という添加物もあります。

化粧下地や日焼け止めクリームに配合されている場合が多いです。

シミを根本から予防するには、UVカットは欠かせませんが、紫外線吸収剤は熱変換するときに肌の水分を蒸発させる反応もあるので、肌を乾燥させてしまうこともあります。

また、敏感肌にはそれだけで刺激性を感じることもあるので、刺激を感じたら使用を中止しましょう。

シミ化粧品添加物7.鉱物油(ミネラルオイル)

鉱物油は、石油から工業製品を作った時に出る廃油から不純物を取り除いて、純度を高めたオイルのことです。

大昔は不純物を取り切れずに、肌に悪さをする鉱物油が多く化粧品に使われていました。しかし、現在は技術が進歩し、不純物を限りなくゼロにすることが可能になっています。

ミネラルオイルはベビーオイルやワセリンに使用されてることを考えると、安全性は極めて高いですよね。

ただし、クレンジングオイルなどに使用されている場合は、脱脂力が強すぎて、乾燥肌を促進するリスクはあります。

シミ化粧品添加物8.収れん剤

シミ対策やエイジングケアなどが期待される美白化粧品は、毛穴を引き締めたり、キメを整える収れん作用があるものもあります。

収れん剤の添加物の代表はエタノールです。エタノールは肌に清涼感を与えますが、清涼感を感じた毛穴は、体温を下げまいと毛穴を閉じます。それが引き締め作用というわけです。

美白化粧品でキメを整える場合は、添加物ではなく、保湿成分を使うことが多いです。保湿することで肌にハリが生まれます。ハリが出ると毛穴も締まり、キメも整います。

シミ化粧品添加物9.シリコン

近年、シャンプーやコンディショナーに含まれるシリコーンが、抜け毛やダメージの原因になるという考え方が広まっています。しかし実際には、シリコーンが毛穴に詰まったり、毛髪や地肌に悪影響を及ぼすことはありません。

引用:シリコーンについて|資生堂より

シリコンがシミを防ぐ美白化粧品に使われる場合は、主にテクスチャの質感を調整する目的で使用されます。

サラッとした液体にシリコンを配合すれば、トロリとした粘度のあるジェル状のテクスチャにすることができるのです。

シリコンは悪いイメージがありますが、分子構造的には非常に安定していて、角質層にも浸透しないので肌に影響はありません。

[シミ化粧品/副作用]薬機法(旧薬事法)と安全性

薬機法の正式名は「医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」で、従来の薬事法が改正されたものです。

安全なシミを防ぐための美白化粧品を選ぶために、薬機法を知っておくと化粧品選びに役立ちます。薬機法では、化粧品が医薬品のような効果を謳うことが禁止されているので、過剰な宣伝文句に踊らされずに済みます。

ネット広告などでは、「シミが消える」「シミが剥がれる」などの薬機法違反の広告もたまに見かけるので、ルールを守れない化粧品メーカーのものは使用しないようにしましょう。

参考:薬機法

[シミ化粧品/副作用]全成分表示義務と安全性

シミを予防する化粧品に限らず、スキンケア化粧品は、現在全成分の表示が義務付けられています。

以前は厚生労働省が指定したリスクのある成分のみ表示義務がありました。しかし、新しい成分がどんどん生み出される現在では、そのスピードに対応できるように全成分表示に変わったのです。

ただ、全成分表示になったせいで、どの成分が肌にリスクがあるのか、素人には判別しにくくなっているというデメリットもあります。

より安全なシミ化粧品を選ぶために知っておきたいポイントを以下で紹介します。

キャリーオーバー成分

キャリーオーバー成分というは、化粧品を製造するのに必要な原料を安定させる目的で使用する防腐剤や安定剤、酸化防止剤などのことです。

例えば原料に水道水を使用する場合に、成分表示では「水」と表示しますが、水道水に入っているカルキや塩素は成分表示されませんよね。

この水道水におけるカルキや塩素にあたるものがキャリーオーバー成分です。さすがにキャリーオーバー成分まで表示すると、成分が膨大になりすぎますし、製品に対する濃度は非常に少ないので表記しなくてよいことになっています。

まとめて表記される成分

例えば香料というのは、いろんな香り成分を複雑に配合して作られています。

しかし、化粧品の成分表示には、「香料」とひとまとめにして表記されています。香料を構成するたくさんの成分まで細かく表記はしなくてもよいわけです。

香料はスキンケア化粧品にとってはただの香りづけでしかないので、肌のことを第一に考えたら、香料不使用のほうが安心感はあります。

旧表示指定成分

旧表示指定成分とは、全成分表示が義務になった以前の話で、パッケージに必ず表示しなければならなかった「人体に影響を及ぼす恐れのある」成分のことです。

旧表示指定成分は厚生労働省が指定した102ある成分です。現在は全成分表示義務があるので、旧表示指定成分に意味がなくなりましたが、旧表示指定成分を知ることで、美白化粧品の成分表示からリスクのある成分を見つけることができます。

気になる人は以下の旧表示指定成分一覧から確認してみてください。

参考:102の旧表示指定成分一覧表 | 日本オーガニックコスメ協会

シミ予防には医薬部外品

シミ予防や美白に有効であると厚生労働省に認可された成分(有効成分)が入っているものは、「医薬部外品」や「薬用」という扱いになり、医薬品と化粧品の中間の位置づけとなります。

医薬部外品に認定されれば、広告やパッケージなどで「美白」「有効成分」「薬用」といった表記が可能になります。ただし、美白というのはメラニンの生成を抑えて、しみ・そばかすを予防することを指します。

シミ予防がより効果的にできる美白化粧品を選びたいのであれば、医薬部外品や薬用の化粧品を選択するのがベターです。

[シミ化粧品/副作用]使用期限と製造年月日

シミ予防の美白化粧品も含め、スキンケアコスメには使用期限が書かれていないことがほとんどですよね。

薬機法では使用期限を記載しなければならないというルールはあります。しかし、「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで三年を超えて性状及び品質が安定な化粧品を除く」という但し書きがあります。

つまり、未開封で3年間品質が変わらないのであれば、使用期限は表記しなくてもよいということです。

ただ、店頭にいつから置いているのかわからないものもあるので、製造日を見ることでより安全に購入できます。

開封後の保存期間

美白化粧品の使用期限が3年以上だとしても、それはあくまでも「未開封」の場合です。

化粧品を開封すると、そこから空気に触れることになり、化粧品も酸化が起こって時間とともに劣化していきます。

安全に美白化粧品を使用するためには、開封後は3ヵ月、長くて6ヵ月までに使い切るのが好ましいです。

また、開封後の保管方法にも気を付けておけば、化粧品の劣化を遅らせることができます。

  • 温度変化が少ない場所で保管
  • 直射日光が当たらない場所に保管
  • 湿度が高くならない場所に保管

あとは使用する際にも雑菌のない清潔な手で使用するというのも忘れないようにしたいですね。